直感を大切に、中間の回答(どちらともいえない)を選び過ぎないように選択してみましょう!